2017/08/08

学部紹介!【 岡山大学 文学部 】

学部紹介!

岡山大学 文学部

岡山大学 文学部の教育課題は「人間とは何か」の探求に取り組むことです。

この探求を通して,人間知に関わる専門的素養を備えた教養ある人,及び人文学における高度な研究に携わるための基礎的能力や意欲を持った人を育成することを目標としています。教育課題を探求するために,人文学のさまざまな分野から総合的にアプローチすることを特色としています。とりわけ,文献の読解,資料の調査と分析,フィールドワークなどを通じて,専門的知識を習得するとともに,柔軟で幅広いものの見方を身につけることを重視します。


文学部のカリキュラム等

文学部では,平成28年度から新しいカリキュラムがスタートしました。

学生は「哲学・倫理学」「芸術学・美術史」「地理学・社会学・文化人類学・社会文化学」「心理学・社会心理学」「歴史学・考古学」「言語学・現代日本語学」「日本語・日本文学」「外国語・外国文学」の8つの教育分野から1つを専攻し,さらに領域に分かれて卒業論文を作成します。

アカデミック・アドバイザーの指導の下に,各分野の専門科目,分野を超えて開設されるテーマ型の科目群<クラスター>,「外国語習得・留学」「学芸員課程」などの<プログラム>を主体的に組み合わせて履修するのが,文学部の新しい学びのカタチです。

国際交流

現在岡山大学では,アメリカ,イギリス,オーストラリア,中国,韓国,タイなど多数の国と授業料免除などの交流協定を結んでいます。本学部でもフランスやドイツ,ロシア,トルコ,セルビア,韓国,中国など多様なチャンネルを通じて留学生を受け入れ,また送り出しています。

卒業後の進路

就職先は,教員,公務員,一般企業など多方面にわたっています。

さらに進学先として人文系の大学院として設置された社会文化科学研究科があります。

一覧に戻る