• 学生の声
  • 一般企業

中国学園大学【実習先:高梁市役所】

学生 中国学園大学 国際教養学部 国際教養学科 3年 Y・Kさんにお話をお伺いしました。

「あなたがこの会社を選んだ志望動機を教えてください」
私の将来の夢は地方公務員になることです。私は、今まで過ごしてきた高梁市というまちが好きで今後も住み続けたいという熱い思いがあり、その自分が生まれ育った高梁市のために貢献したいと考えています。そのためには、実際に働く現場を見て仕事内容を理解しておくことはもちろん、高梁市の現状や課題を知っておくことも大切だと思います。ゼミ活動では実際に現地へ行き、現状を見ることによって把握できたことも多く、現地調査の重要さを学んできたことから、今までは知らなかったような高梁市の現状や課題を今回のインターンシップを通して直接学びたいと思っています。将来、高梁市役所で働きたいと思っている私にとって今回のインターンシップは貴重な経験になると思い志望しました。
「参加してみて企業の第一印象は?」
緊張感があって堅苦しいというのが市役所のイメージでしたが、実際に行ってみると、皆さん優しく、冗談も交えて話してくださり、最初思っていたイメージとは違いました。もちろん、課によって雰囲気は違いますが、私がお世話になった住もうよ高梁推進課は和やかな雰囲気で、職員の方々も優しく接してくださり緊張もほぐれました。
「経験した業務の感想と今後それをどう生かしていきたいですか?」
2週間の中で何度か空き家の調査にご一緒させていただきました。修理を必要としないきれいな家、床が抜けそうなくらい古く修理を必要とする家など色々な種類の空き家がありました。高梁市には空き家バンクという制度があり、以前と比べると登録件数も成約件数も増えています。県外からの移住者も年々増加していると聞いたので、さらに多くの人にこの制度を知ってもらい定住の促進につながってほしいと思いました。また、高梁市の魅力をSNSで発信しようという企画にも参加させていただき、これからも若者なりの発想で高梁市の魅力を伝えていきたいと強く感じました。他にも、地域局や市民センターを見学し、高梁市の現状や課題、制度、コミュニティについてなども教えてくださり、今回のインターンシップを通して新たな知識を身につけることができ、とても貴重な経験となりました。

このインターンシップを通して、高梁市の制度の充実さにも気づくことができました。私のように、高梁市に住んでいながら知らないことはたくさんあるという人もいると思うので、まずは市民が高梁市の充実した制度について理解を深めていく必要があると思いました。住まい、結婚、子育て、教育に関する制度など、これから生活していく中で役立つ情報もたくさん学んだので、様々な場面で活かしていきたいと思います。また、市役所とは違う職業に就くことになったとしても、インターンシップで学んだ経験や知識は活かしていきたいと思います。

ご回答ありがとうございました!

実習期間

実習内容

実習先

実習先の概略

実習学生

一覧に戻る