• 学生の声
  • 一般企業

鹿児島国際大学【実習先:南日本新聞社】

学生 鹿児島国際大学 4名さんにお話をお伺いしました。

「あなたがこの会社を選んだ志望動機を教えてください」
I・Tさん

メディアに興味が有ったのと、就職活動に向けて自分に何が必要なのかを知るためです。

――― H・Rさん

私は、最新の情報を毎日発信していく新聞社にとても興味があったからです。また、今までに放送部に所属していたこともあり、みんなに情報を伝えることがとても楽しいと知ったからです。また、鹿児島県の中でも大企業の南日本新聞社はどのような方々によって作られているのか、働いている雰囲気を体験したいと思ったからです
「参加してみて企業の第一印象は?」
Y・Sさん

インターンシップに参加する前の新聞社の第一印象は記者が取材し、記事を書き、出来上がった新聞を配達員が配達するというイメージが大きかったのですが、インターンシップを終えてからは、新聞社は職種のデパートであり、様々な部署が一枚の新聞のために関わって、作られているということを知り、もともとのイメージとまったく違ったのが印象的でした。



―――H・Rさん

参加前は、とてもまじめな人ばかりで堅苦しい印象を持っていましたが、実際に行ってみるととてもユーモアのある方ばかりで、社員の方々皆さんが仲の良い印象を受けました。とてもいい会社で、こんなところで働けるように努力しようと思いました。
「経験した業務の感想と今後それをどう生かしていきたいですか?」
M・Yさん

このインターシップを通して、働くとはどういうことなのか学ぶことができました。新聞づくりでは自分たちで実際に取材に行き記事にまとめました。うまくいかないことも多く迷惑をかけてしまいました。しかしいつも読んでいる新聞を自分たちで作ってみるという貴重な体験をすることができました。新聞社の多くの部署の話を聞き、新聞の良さを知ることができました。今後はこのインターシップで身についた知識や経験を就職活動に生かしていきたいと思いました。

―――M・Tさん

模擬取材は事前に質問をある程度考えて臨んだのであまり問題はなかったのだが、記事に使う写真の撮影という意外なところで苦労しました。でも、現場でしか体験できないいい経験になったと思いました。今後の課題は面接練習だと思いました。実際に面接官をしている方に模擬面接をしていただいたのだが、全然できなかったのでこれから練習が必要だと思いました。

ご回答ありがとうございました!

実習期間

実習内容

実習先

実習先の概略

実習学生

一覧に戻る