• 学生の声
  • 一般企業

中央大学【実習先:(株)ナジック・アイ・サポート】

学生 中央大学理工学部2年 Y・Mさんにお話をお伺いしました。

- あなたがこの会社を選んだ志望動機を教えてください -
私はそれまでの学生生活を通して、様々な分野において「自他ともに認める実力の持ち主」となるべく、自らの能力の客観的指標となる資格の取得に挑戦してきた。また、被災地支援を中心とするボランティア活動にも従事し、「実際に取り組まなければ気付けないことがかなりある。」と痛感した。これらのことから、社会人としての責任感を持って他人に貢献する実務的な経験を積む必要があると感じ、インターンシップへの参加を本格的に考え出した。そして、数ある企業の中でも特に学生を積極的に受け入れており、かつ様々な業種において求められるコンピュータスキルやビジネスマナーにおける自己研鑽に役立てられると感じた、「キャンパスウェブ運営事務局」に志望させていただいた。
- 参加してみて、企業の第一印象は? -
私は本インターンシップに参加するよりも前から、(株)ナジック・アイ・サポートには他社へのアルバイトの件でお世話になっており、何度か訪れたことがあり、学生に対する社員の方々の真摯な姿勢に感銘を受けていた。
そして、今回実際にインターンシップ生として参加して感じたのは、「社内全体が社員同士のコミュニケーションを重視している。」ということである。
お世話になった全ての社員の方々が対等な立場に立って接してくださり、学生にとって質問しやすい雰囲気があったため、より丁寧に業務に取り組む事ができた。職場の雰囲気を重視する学生に向けて、是非 お勧めしたい職場である。
- 経験した業務の感想と今後それをどういかしていきたいですか? -
今回、貴社での業務に携わらせていただいて最も印象的であったのは、コミュニケーションのとりやすい雰囲気づくりである。年度末の繁忙期であるにもかかわらず、社員の方々が質問や相談を快く聞いてくださったり、意見や考えを真摯に受け止めてくださったりと、学生と向き合いながら手助けをしてくださるその姿勢に感銘を受けた。このことによって、積極的な意見交換こそが最適な解決策の案出に役立つと学び、今後も主体的に発信する姿勢を心掛けたいと感じた。

しかし、このように恵まれた環境は当たり前ではない。私は本インターンシップでの経験を活かして、他者に良い影響を振り撒く存在になることを目指したいと感じた。いずれは社会的な責任を負う立場として、他者の優しさに甘えていられなくなることを考慮し、自ら周囲の見本となるべきである。そのために、業務の流れを十分に把握し、問題解決能力を駆使しながら、「自分のスタイル」を確立する機会を設けたい。そして、周囲に気を配る習慣と他者に指導できるほどの実力を身に付けたその暁には、組織を動かす役割を担いたい。
- 事務局担当者より -
8日間の実習、大変お疲れ様でした。
実習プログラムと言うより、ほぼこの繫忙期特有の実践を経験して頂きました。
まさに実務実践型のインターンシップだったと思います。
その中で、しっかりと森田さんの存在感と足跡も残してくれました。
8日間の吸収力と気づきには驚かされるものがありました。
学生の為のキャンパスウェブサイト運営を学生目線ならではのアドバイスも弊社としてもらうことが出来、今後に活かせます。
また他の学生スタッフ共しっかりと情報共有しコミュニケーションもできていたように思います。
今後の森田さんの学生生活に役立つ実習だった事を願います。
お疲れ様でした。

事務局担当:M・H

ご回答ありがとうございました!

実習期間

実習内容

実習先

実習学生

一覧に戻る